モービルマッピングとはどういったものか

モービルマッピングとは移動方式で3次元計測を行い地図化することです。

車載型が主なもので、走行しながら建物、道路の形状、標識、ガードレール路面文字、マンホールなどの道路周辺の3次元位置情報を高精度で取得、効率よく地図化していきます。

モービルマッピングシステムは、複数のGPS、オドメーターなどにより車両位置、姿勢を高精度に取得、その上で同期したレーザースキャナー、カメラを搭載、走行しながら道路面とその周辺の3次元情報を高精度かつ効率的に取得していきます。

その方法は、まずは計測起点となる車両動作・方位角検定・補正情報取得を実行し、初期化走行を行います。

その後運転手とオペレーターでの計測を実施、これは時速20~80km/hで走行します。その後終了走行を行い、さらに取得情報の精度を高める作業を実行します。モービルマッピング作業の大まかな流れはこのようになります。

車両に搭載されているカメラの取得画像は各々約500万画素で、撮影間隔10枚/secか、視野角の広い(水平方向80°、垂直方向64°)の高精細カメラで全周囲の撮影が可能となっています。又レーザースキャナーとカメラの設置角度は厳密なキャリブレーションにより調整されていて、レーザー点群とカメラ画像がピッタリと重なり合うようにして計測を行います。これにより、レーザー点群の視覚的な弱点を補い、効率的な地図化を果たします。

これらに使われるGPSアンテナ、カメラ、標準レーザーなど計測に使用される機器は一体化したユニットとなっていて、クルマの天井上に設置して計測されます。道路とその周辺情報のみならず、モービルマッピングシステムは他業界でも幅広く活用される事例があります。

土木・建設コンサルタント、測量業界、建設業界、地図業界、自動車業界、インフラ業界などです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です