モービルマッピングを活用してドライブを楽しむ

モービルマッピングとは、車載型の移動式高精度3次元計測システムのことです。

内容としてはGPS、レーザースキャナー、カメラなどの機器を車両に搭載しており、走りながら建物や道路の形状、さらに標識やガードレール、路面文字、マンホールといった道路周辺の3次元位置情報を取得することができます。これまで歩いて測量をしていましたが、この機能が開発されることによって、より短期間で長い距離の調査が可能となったのです。

それではモービルマッピングがどのようなシーンに使われるかというと、トンネルの調査、道路台帳の作成、高精度3D-GISマップデータ収集などが行えます。

以前と比べて時間短縮が可能となり、それでいながら細密な情報収集ができるのが特徴です。その他には自動車業界の車両モデルのバーチャル実証用の道路データ取得も可能となり、さまざまな活用法があります。

3次元の情報収集は厄介なものですが、こちらを利用すると簡単に行えるのが魅力です。モービルマッピングは便利でとても役立ち、より詳しく知りたい時にはムービーもあるのでそちらをチェックすると分かりやすくなります。

データーを元に作成したムービーは性能について理解しやすく、どういった働きができるのか納得できるはずです。映像として目にすると何ができるのか、どういったデータが収集できるのかが一目で分かります。

導入を考えている場合、合わせてチェックすると理解しやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です