制限の緩いメールサービスのMMS

MMSというのはマルチメディアメッセージングサービスのことであり、MultimediaMessagingServiceの略となります。

3GPPとオープン・モバイル・アライアンスをさすOMAが標準化しており、携帯電話の専用のメッセージングサービスです。

最初に使用はWAPによってまとめられました。今は、OMAが標準化した団体の中心となっています。以前はショートメッセージサービスであるSMSやその発展した形であるEMSしかありませんでしたが、カメラの付いた携帯電話が登場するとともに、さらに制限が最小限である携帯電話用のメッセージサービスが必要となりました。初めは特定のキャリアに依存した実装となっていて、業界の標準といえるものはありませんでした。

そこで主にGSMオペレーターやハンドセットベンダーが中心となってMMSが策定されました。MMSは画像や音声だけでなく、ビデオやリッチテキストが含まれているメールを送受信することのできる規格となっています。

従来のSMSやEMSとは違い、サイズはネットワークが許す範囲のなかでの制限はなく、数百キロバイトも可能となっています。

SMSやEMSは電話番号宛にしか送信できませんでしたが、MMSはメールアドレスに宛てて送信することもサポートされているためパソコンのEメールともやり取りすることができます。インターネット側からSMSを送信することもできます。

MMSには自動受信と選択受信の2種類の方法があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です