ドクターヘリ-は人命救助に不可欠な航空救急医療活動

ドクターヘリ-は、救急医療用の医療機器を装備したヘリコプターのことで、緊急を要する医療治療に欠かせないものです。

医師と看護師がヘリコプターに同乗して救急現場に向かうので、現場から搬送するまでの間に救命医療ができるメリットがあります。

救急医療用ヘリコプターとして果たす役割は大きく、医師がドクターヘリ-に搭乗して傷病者のいる場所に行き、装備した機器や医薬品を駆使します。

傷病者に対して機内で必要な治療を行いながら、速やかに医療機関に搬送します。ドクターヘリ-は地域医療に貢献するもので、ヘリコプターを使った救急医療活動になります。

こうした活動は世界中で実施されているのですが、日本では医師がヘリコプターに乗って患者さんの元に駆けつけることから、ドクターヘリ-と命名されました。通常は病院の敷地内に待機していて、出動要請が出ると医師と看護師が乗り、迅速に救急現場へと直行します。

患者のすぐそばに着陸した後、その場で治療し、病状に適した医療を施しながら病院へと搬送するシステムです。

ドクターヘリ-の目的が救急車と違うのは、患者を搬送するだけではなく、医師と看護師が治療しながら素早く救急現場へと送りこむことにあります。

治療開始を早めることに繋がるので結果、重傷患者の命を取りとめたり、治癒までの期間を短縮することが可能です。地上救急よりも3割以上も高い救命率を誇っているので、救命効果は非常に高いです。

問題点は1機について年間2億円の運営費がかかるところで、費用をいかにして調達するかが今後の課題と言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です