ヘリコプターの操縦が可能になる免許について

ヘリコプターを操縦するためには、国内での学科授業を受講しなければなりません。

学科授業は英語教材になっていますが、国内での受講の場合には日本語教材が加えられているので英語が得意ではない人でも授業を受ける事が出来ます。ちなみに、学科授業には基本航空力学を初め、航空機システムや航空計器、航空法規や航空気象など航空と名の付く知識を学ばなければなりません。

これ以外にも航空機の性能やナビゲーション、航空英語なども学科に含まれており、英語が苦手な場合でも学科授業を受ける中で英語に慣れておく必要があります。

その理由は、学科については日本国内でも受講が出来ますが、セカンドステージとなるFAA自家用ライセンスの訓練はアメリカで行われるもので、講師は当然英語で話をする人などからも英語の会話に慣れておかなければヘリコプターの操縦資格を取る事が出来ません。ちなみに、FAA自家用ライセンスはプロを目指す人だけでなく、ヘリコプターの操縦にチャレンジしたい人のための資格と言われています。

プロを目指す場合には更なる訓練を受けるなどが必要になって来るわけです。FAA自家用ライセンスを取得した後は、JCAB自家用もしくは事業用学科試験のいずれかを受験、4段階目としてJCAB事業用取得訓練を受けてライセンス取得を目指す事になります。

尚、ファーストステージは約3ヶ月間、セカンドステージは約1ヶ月間、サードステージは約8か月間、そして卒業する事でヘリコプターを操縦するための資格を得る事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です