将来的にヘリコプターの操縦は自動化される

将来的にヘリコプターの操縦は自動化されるでしょうから、ヘリコプターは今よりもさらに安全で利用範囲が広いものとなると考えられます。

特にヘリコプターは空中で静止できるという能力があるので、これを活用してさまざまな事に使うことが出来るわけです。空中で止まれるので撮影などもできて空撮に使われるようなことがあるでしょうし、操縦が自動化されれば離着陸がどこでも出来るので、人が移動する手段として今よりさらに多くの人が使うようになると考えられます。

特に市街地でもビルの屋上などで離着陸が出来るというメリットは大きなものがあるでしょう。他の移動手段では考えられない事ですが、ヘリコプターだからこそ可能なことになります。操縦が難しいと言われてきた乗り物ですが、その難しいところが不要になれば活用範囲は今よりも飛躍的に広くなります。

難しい救助活動などでも使われるようになり、将来的にはドクターヘリのようなものが今の救急車的な活躍をする用になるかもしれません。何といっても空という渋滞がなく、どこにでも行けるというメリットは他の移動手段にはないものです。価格的にも多く使われるようになると大量生産によって安くなることが考えられるので、今の様に高額な移動手段という事ではなくなるでしょう。

車が昔はとんでなく高額な移動手段であったのと同様に今度はヘリが一般的な人の足になるという事も考えられないことではありません。それもそんなに遠い未来ではないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です