モービルマッピングシステムを活用するメリットとは?

モービルマッピングシステムとはGPSやレーザースキャナーカメラ等の機器を車に搭載して、走りながら効率的に建物や道路の形、標識やガードレールや路面文字、さらにはマンホール等の道路周辺の位置情報データを三次元でなおかつ高精度で取得する事が出来るシステムの事です。

では具体的にモービルマッピングシステムを活用する事でどのようなメリットがあるのかというと、まず車両に撮影や計測器材を搭載しているので、一度計測車を走らせるだけで大量のデータを取得する事が出来るという点です。各種カメラで撮影するので上下左右360度の視点から取得したデータを見る事が出来ます。

また最新の撮影機材を搭載しているので、より高度で精度の高いデータを取得出来、分析もより高い水準で行う事が出来る為、取得したデータの用途もより広くなり、様々な所で使用する事が可能です。例えば数値編集や補足数値編集等における補助的な資料として使えたり、本来は航空写真測量で作る台帳図データへの活用も出来ます。

他にも航空写真と比べてみても、車を使用するのでより長く撮影日を抑える事が出来ますし、撮影範囲も小さいので必要な場所だけを効率よく撮影したり計測する事が出来、コストも低く抑えられるというのもメリットの一つです。このように最新のモービルマッピングで取得したデータを活用すれば、わざわざ外に出なくても撮影した様々な情報や計測したものを分析する事が出来て便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です