モービルマッピングに必要なシステム

これからの社会に重要な位置情報を提供するためにはモービルマッピングが必要です。

位置情報とともに三次元データや映像のデータなどを同時に取得して加工することでさまざまな情報源となります。運用するにはいくつかのシステムが必要です。モービルマッピングシステムの基本は車載機器になります。最も重要なのは高精度なGPSです。

これがないと正確な位置情報を記録することができなくなり、取得した情報がどこのものかわからなくなります。そして映像を取得する広角カメラです。映像から建物の形状や交通標識、マンホールの位置など多くの情報を取得します。360度をカバーする必要があるので前後に二台、左右に一台ずつ設置が一般的です。

映像だけでは距離がわからないためレーザースキャナーを利用します。前後はもちろん上方をカバーできるように複数台設置が必要です。取得したデータを映像と重ねることで建物までの距離や入口の大きさなど明確な寸法を知ることができます。

モービルマッピングシステムを搭載した車両で走行したデータを今度は測定し、解析して、三次元化し、情報として認識する作業が必要です。データは取得しただけでは意味がなく、一つ一つを意味のあるデータにしていく作業が重要になります。

何を情報として選択するかが情報の価値を決定します。例えば道路の劣化状態などを蓄積すれば保守計画に利用することが可能です。一度取得したデータを利用すればいろいろな分野に活用することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です